RACE EVO

RACE EVO REMAPPING SOFTWARE

DIM‐Sport社製『RACE EVO』はプロフェッショナル向けECUチューニングのアプリケーションシステムです。
Race EVOは Race Standard・ Race Basic・ Race Plusから構成されます。

 シンプルで分かりやすいロジックで示し、進歩的な技術特徴を兼ね備えたECUチューニングシステムに求められるデマンドにフルにお応えできる製品です。

  • WINDOWSのオペレーションロジックを利用し、短期間で分かりやすい操作方法
  • 様々な追加ツールを使ったモジュールシステムやアップグレードに柔軟に対応
  • イグニッションタイミング、ブースト圧など・関連するパラメーターは分かりやすく16進法で自動的に変換
  • テーブルデーターセットは2Dライナーや3Dチャートでグラフィカルに表現
  • 基本となる“SETTING FILE"を使い、MAPのIDを確立し、素早くかつ効果的に書き換え作業が可能
  • チューニングオペレーションは2Dライナーや3Dチャートをテーブル上で可能とし、選択パラメーターでオートマティカルにデーターモディファイが可能
  • 2D/3Dグラフから容易にオリジナルとチューニングパラメーターの比較が可能
  • Genius(器材名)を使い、OBDⅡポートからプログラムの読み書きを行います。
    Geniusはタッチスクリーン式。
  • チューナーネットワーク用のマスター/スレーブの連携アプリケーション搭載。
  • BDMオペレーションもTRASDATAやBootloaderの使用で可能。
  • リアルタイムのチェックサム自動計算モジュール機能搭載。

1.RACE STANDARD (基本ソフトウェア)

The Engine Working Maps for your tuning operations

Race Standard はエンジン性能に関連する様々なパラメーターの操作が可能になります。

例 : 噴射・点火タイミング・ブースト・回転リミット・車速リミット・トルクリミッなど

この作業はDIM社のSETTING FILES(セッティングファイル)を使い、容易に編集できるシステムです。
セッティングファイルとは、エンジン性能に関連するパラメーターの位置出しやデコードをテンプレートするためのファイルです。

Raceは異なるファイルを比較するために、2つのRAMメモリーを供給する事が可能です。
ここでの“異なるファイル"とは、即ちオリジナルファイルとチューニングファイル。
この特徴を使うことで、維持するべきMAPと変更するべきMAPの区分けを容易にし、結果的にチューナーが新たに開発するべきチューニングデーター構築への効率を大きく引き上げるものになります。

2.Race Basic(プロ用ベーシックソフトウェア)

Complete Independence in your tuning developments

RaceBasicは最もプロフェッショナル向けのDMEツールと言えます。
もし、エンジンMAPの作動状況に関して知識や経験が豊富で、自由にMAPを探したり、あるいは変更をしたりすること求めるチューナーに向いている製品です。
幅広く新しいMAPゾーンを個別にリサーチすることが可能です。

RACEは2つのRAMメモリーを比較することが基本となっていますので、チューナーはオリジナルファイルをRAM1にチュー二ングファイルをRAM2に落とし込み、それぞれの相違をパラメーター上で区分けすることができます。

EPROMファイルを10進法や16進法での2D・3D チャートで表記も可能です。


RACE BASICはMAPロケーションやチューニングに関する知識が要求される上級者向けツールです。
例えばメーカーが膨大な数値からサーチを掛けて使い込みをするツールと考えてください。
8ビットや16ビットフォーマットMAPのビジュアル化を可能としたり、MSBやLSBでの比較、奇数偶数のアライメント、予想選択アリアのプリンティングなど、様々な機能を備えています。

3.Race Plus(基本+プロ用アドバンスドソフトウェア)

Race Standard + Race Basic +Advanced Utilities
The greatest technical exploitation !

Race PlusはRace Standardによる高い信頼性と容易な再キャリブレーションに加え、Race Basicの幅広い技術開発への機会を兼ね備えたバージョンです。

この2つのバージョンの融合は、セッティングファイル内でのMAP確認をフルEPROMビューで位置だしを可能とし、またそのMAPのネームやサイズも示すような追加機能を可能としています。


さらには将来においてリリースされる新たなアップグレードを使い、セッティングファイルに於ける新しいMAPを追加できる可能性もあります。